専業主婦が利用できるカードローン

仕事に就いていないと申し込みが難しい貸金業の借入

貸金業に当たるのは、消費者金融や信販会社等のノンバンクの金融機関です。これらのカードローンは原則として専業主婦の申し込みを認めていないことが多いです。実際にローンの説明書や概要書にはっきりと申し込み対象外と記載されていることがほとんどです。その理由は、職業に付いていないために安定的な収入があるとは言いがたいからです。貸金業で借り入れする場合は、総量規制による利用限度額の規定があります。総量規制は年収の3分の1までしか借入ができないという規定で、全ての貸金業の借入を合算した金額で算定されます。世帯収入で家計のやりくりをしているので、自分で稼いだ収入がないために限度額の設定が難しくなることから、申し込みをしても断られると考えられます。特に消費者金融の借入はCMで広告されて、申し込みから借入までの手続きが早く当日中の借入も可能で申し込みしやすいという印象を持ちやすいので、申し込みの対象でない主婦の方は手続きをしないように注意してください。

貸金業でも例外的に申し込みが可能な場合も

一部の貸金業では、専業主婦でも申し込みが可能な場合があります。一部の信販会社や中小の消費者金融で配偶者貸付のカードローンを用意していることもあります。配偶者貸付とは、配偶者に安定的な収入があれば利用できる借入です。主婦自身の審査を行うのではなく、配偶者の信用情報を閲覧して審査をして借入できるか判断をします。配偶者の信用情報に債務整理や延滞等のネガティブ情報が記載されていたり、他社での借入があったりすれば、審査に通る可能性は非常に低くなるので注意してください。申し込みをするには、インターネットや書面の郵送等で手続きできます。通常の借入は申込者本人の確認書類や、希望額が大きければ収入証明書等の提出が必要になります。しかし、配偶者の審査をすることから配偶者に関しての情報が分かる書類が必要になるので、用意する書類が多くなります。まず、結婚している証明書の提出が必須です。世帯の構成が分かるので、市町村役場で住民票を取得するといいでしょう。収入を確認するために、配偶者の源泉徴収票や確定申告書等も必要です。場合によっては勤務先への在籍確認も行われることもあります。まとまった金額が必要な場合は限度額が大きくなるメリットがありますが、家族に内緒で借入するのが非常に難しくなるでしょう。

内緒で借入するなら銀行の借入を

銀行のカードローンは総量規制対象外になります。全ての銀行で対応できる訳ではありませんが、専業主婦でも借入可能な所もあります。2017年以降から債務整理をする人が多くなったため、銀行の借入について厳しく対応するようにと通達がありました。サイトやパンフレットを見ても、専業主婦が借入が可能かどうか判断しづらくなっています。判断をするには簡易診断を設けている銀行サイトで機能を使ってみるといいでしょう。職業選択の欄に主婦という項目や年収が0円を選択でき、診断ボタンを押して申し込みフォームに移ることが可能な場合は受付がされていると判断していいでしょう。利用限度額は申込者本人を審査するため、10万円~50万円と低めに設定されて増額申請をしても通ることがありませんが、家族に知られないように配慮してもらえます。一部の銀行では夫の勤務先への在籍確認を必須としている所もあるので注意してください。ほとんどの銀行では最初から在籍確認は行わないで本人確認書類の提出と借入意思確認の電話のみと明言している所が多いです。夫の源泉徴収票や納税証明書が提出できれば在籍確認の代替とできる銀行もあるので、説明書に必須と書かれていない場合は相談してみるといいでしょう。

ピックアップ記事一覧