専業主婦でもカードローンを利用して返済に困ることはないか

総量規制対象外の銀行から借入する方がほとんど

専業主婦が借入をするには、銀行のカードローンを利用する場合が多いでしょう。消費者金融では総量規制があるので、安定的な収入がないといけません。申し込み対象外となることがほとんどでしょう。必然的に総量規制の対象外となるローンを選ぶことになりますので、銀行に申し込む方がほとんどだと考えられます。ただし、銀行でも対象とするのは限られますので、ローンの商品説明書を確認するようにしましょう。人目に付来たくない方や最寄りの銀行で扱っていない場合は、インターネット専業銀行やネット支店からウェブ申込をするといいでしょう。

申し込みをした人の信用のみで借入できることもある

専業主婦が借入をするには、夫に安定的な収入があることが必須となります。夫の勤務先に在籍確認をする銀行もあるので注意してください。しかし、勤務先名と世帯年収の記載をするだけで在籍確認は必要なかったり、源泉徴収票や確定申告書の控えを提出したりすることで承認してもらえる銀行もあります。勤務先と世帯収入の記載や代替書類で認められた場合には、申し込みをした主婦本人の信用だけで借入ができることになります。本人に収入がないために、カードローンの借入限度額は最低限の金額に設定されるでしょう。増額を希望しても認可されることはありません。たいていは10万円~50万円までとなる所がほとんどです。50万円以上の借入額が付くと家計のやりくりだけでは返済が難しくなる場合があるので、低めに設定されると考えられます。

返しやすいように金額に配慮されているのが特徴

専業主婦にも門戸を広げているカードローンの場合は、月々の返済額が必要最低限のミニマムペイメントに設定されていることがほとんどです。この返済方法は、当月の残高に応じて返済額がスライドし、その月の残高に適用される金額帯のうち最低限の支払いをすれば良いという方法になります。銀行の中には、月に1000円~3000円程度の金額から支払えるようになっています。主婦の方が月々支払いをする場合は世帯収入からやりくりをして捻出することになるでしょうが、支払額が少なければ生活を圧迫しにくく工夫できます。ただ、多く借り入れ過ぎるとその分支払額も高くなりますので、計画的に借りるようにしてください。ボーナス時などの収入が多めに入る時期に、ATMや振込とネットバンキング等での随時払いや残高一括払いも手数料無料でできるので、自分の都合に合わせて利用しやすいでしょう。

ピックアップ記事一覧