専業主婦がカードローンを契約するときの保証人

カードローンの仕組みと契約会社

カードローンを契約しようというときには、まずネットやスマホから、申し込みホームに沿って、所要事項を入力します。次に、職場や本人の確認電話がかかっくる場合もあります。申し込まれた金融機関は、申し込み者の了解チェックに基づいて、個人情報機関に個人データの照会をし、契約のための審査を行います。ローン審査を通過すれば、正式書類などのやり取りがあり、カードが当人受け取り限定郵便で郵送されてきて、実際にカードの利用開始となります。このようにカードを作る契約会社は、大きく分類して、銀行や消費者金融会社、信販会社などがあります。この審査通過に当たって、連帯保証人などを立てる必要はありません。無担保ローンといって、具体的な担保がなくても、審査は通過できます。では、誰が代わりとなって保証する人になるのでしょうか。

保証人には誰を立てることになるのか

カードのローンの場合、銀行でもその他の金融機関でも、多くの保証人は、大手消費者金融会社です。個人取引の実績や経験、ノウハウの集積力が高いので、消費者金融会社が銀行に代わって、保証人となります。ですから、もしも返済が滞ったり難しくなったりしたときには、この保証会社が契約者になり代わりって返済することになるので、返済が困難になったときには、取立て実行が銀行から消費者金融会社に移行するわけです。そんな保証を専業主婦やアルバイト生などが受けることができるのでしょうか。安定した給与のない人は、カードローンを活用する保証を勝ち取ることができるのでしょうか。

専業主婦への貸付を保証するものは何か

個人貸し付けに力を入れている金融会社では、専業主婦やアルバイト生でもカードローンの審査を通過させる会社もあります。ただし、少額な場合に限定されます。保証となるのは、夫の経済力である場合もあります。夫が、安定した給与と、ある程度の年収を確保していれば、その妻として保証の審査を通過することができます。具体的な担保となる土地やその他の物件がない中で、無担保ローンを組むからには、保証会社としては何らかの後ろ盾になるものを要求しているわけです。決して借金ができないということではありません。少額な限度額でのローンカードとなれば、その利息の利率は高めとなります。高利率で少額でも借りたいとなれば、家族の後ろ盾をもとに、審査に通過することができ、消費者金融会社が保証会社となって、カードの利用をすることができます。

ピックアップ記事一覧